匂いや音や色や空気や人間が鮮やかに『脂肪の塊/ロンドリ姉妹 モーパッサン傑作集』

「人間の弱さ醜さを描いた」と言われるモーパッサン。金持ち貧乏、品があるない、支配する側される側、振り回す側される側、偏見差別信念好色ありと、この作品集の中でも色々な人々が交わります。「あああ」と言いたくなるような胸に来る話あり、苦笑いあり、何となく人に言えない自分の経験に重ねてしまう話あり。但し、文章は重くないので、あっという間に読んでしまいます。
物語の場所を五感で感じる文章もあちこちに。「持参金」の馬車中の匂い、「脂肪の塊」の音、「ローズ」の色、私が一番好きなのは「散歩」の夕食前の大通りの空気です。なおインパクト強い「脂肪の塊」という訳は、、スペース無くなりました。ぜひ読んでみてください。

しま けいいち(根津映画倶楽部)

眠っている8mmフィルムあればご連絡を。フィルムを発掘して映写機で上映するホームムービーの日、毎年10月第3土曜に根津教会で。世界の本屋を紹介する根津本屋倶楽部も。tumblrのサイトで検索を!