17音を紡げ! 言葉ってエンタメだ。『春や春』

桑原武夫の第二文芸論を盾に、俳句は授業で取り上げる価値がないと断定する教師への反発と、幼馴染に再会したいとの思いから、高校2年生の茜は俳句甲子園を目指す。幼い頃から俳句に親しんでいた彼女のもとに、頭が切れるトーコ、書道有段の真名、音感の鋭い理香、口達者な夏樹、情感豊かな瑞穂といった個性的かつ魅力的なメンバーが集まる。まさに俳句版「ちはやふる」の趣で、東京予選から松山で開催される全国大会まで物語は疾走する。その中で、ばらばらだった6人の個性がまとまりつつ輝きを増していく。言葉を、俳句を、そして友情を深め合い成長していく彼女らを応援していくと、頁を捲る手が止まらない! 言葉って、すごいエンタメだ。

根岸 哲也(澤俳句会)

澤俳句会のご案内 小澤實の主宰する俳句結社です。雑誌「澤」を月刊で発行し、句会を開催しています。初心者の方の参加も歓迎です。http://www.sawahaiku.com/index.html