キングダム後のキングダム『項羽と劉邦(上)』

私もあなたも三国志が大好き。漫画『キングダム』も大好き。だが『キングダム』は50巻を超えてもまだ一カ国も制覇していない。歴史では秦の始皇帝・嬴政は中国を統一し、わずか十数年後に動乱が起きる。劉邦によって再度中国は統一され、漢は400年も続いたのち三国時代が訪れる。嬴政や、蒙恬を始めとした英雄たちはどうなってしまったのか?のネタバレから始まる『項羽と劉邦』。冷静で賢い嬴政や、心も体も強い項羽の時代はわずかで終わり、呑んだくれの盗人・劉邦の時代が400年も続くのはなぜか。司馬遼太郎曰く「劉邦はとても中国人らしい中国人」だという。今こそ読むしかないでしょう。

三芳 寛要(パイ インターナショナル社長)

『三体』(劉慈欣著 早川書房刊)が大ヒットしているのは、優れたSFということだけでなく、中国大陸のダイナミズムも魅力の一つだと思います。ぜひ往来堂さんで「中国関連書フェア」をやってほしい!です。