死んでは生き返るまるでゾンビのような本。『素敵なダイナマイトスキャンダル』

『素敵なダイナマイトスキャンダル』(末井 昭ちくま文庫/680円 + 税

死んでは生き返るまるでゾンビのような本。

1999年4月に出て絶版になっていたこの文庫本が、今年の5月に再版になった。18年ぶりである。この本の経過をたどると、最初は1982年11月に北宋社から出版された。まったく売れなかったが、1984年9月に角川文庫に入った。これも再版にならなかったが、17年経ってちくま文庫に入り、そして絶版になった。これで終わりかと思いきや、2013年の11月に復刊ドットコムから最初の版形で復刊された。まるで、死んでは生き返るゾンビのような本なのだ。さらに、ちくま文庫版が原作になって映画化することが決まり、前述のように再版が決まった。同じ出版社で何回も再版される本はたくさんあるけど、出版社を転々とする本は珍しい。

末井 昭/フリーの文章家

今年の5月に、ちくま文庫版『素敵なダイナマイトスキャンダル』、『結婚』(平凡社)、『末井昭のダイナマイト人生相談』(亜紀書房)が同時発売。映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」は来春公開。