人の美しさはどこにある『晴天の迷いクジラ』

『晴天の迷いクジラ』(窪 美澄新潮文庫/670円 + 税

人の美しさはどこにある

人は弱い。悲しいくらいに脆い。けどその脆い部分を乗り越えようとする強さも持っている。人生に耐えられなくなったときでも、必ずどこかに逃げ道は残っている。この作品は、生きる険しさとそれに向き合う人の美しさが同時に出ている、名作中の名作だと思う。

伊野尾 宏之/伊野尾書店

西武新宿線、都営大江戸線中井駅近くの本屋の店長です。往来堂の笈入店長は仕事が煮詰まったときに相談する人です。