Get wild! 『計画と無計画のあいだ』

『計画と無計画のあいだ』(三島 邦弘河出文庫/740円 + 税

Get wild!

本屋を始めたり、出版社を始めたり、本にまつわる人が自分の物語を始める話には、どうも心惹かれてしまいます。本書は「原点回帰」を標榜するミシマ社代表の三島さんが、ミシマ社を興すまでと、興してからの5年間について綴られたエッセイです。つくりたい本をつくって売るというシンプルさ。複雑にあれやこれやが入り乱れた業界の中で、このシンプルさを貫くことの大変さを感じるのですが、その鍵は「野生の感覚」を取り戻すことにあるのかもしれない!と思わせてくれる一冊です。この本を読んだ二週間後、いてもたってもいられず、京都にあるミシマ社の本屋さんにも行ってきたのですが、こちらもまた風通しがよく、気持ちの良い場所でしたよ!

碇 雪恵/元取次勤務