とにかく面白い! 驚愕のメキシコ文学。『ペドロ・パラモ』

『ペドロ・パラモ』(フアン・ルルフォ 杉山 晃・増田 義郎 訳岩波文庫/600円 + 税

とにかく面白い! 驚愕のメキシコ文学。

大学院でトリニダード・トバゴ文学を研究していた時、同じゼミのNさんが、このメキシコの国民的作家を研究していました。ルルフォは、2冊しか本を出していません。それなのに世界文学史にくっきりと名を残し、世界中にファンを持ち、ついにはこの極東の日本にまで研究者を生み出してしまいました。凄い。彼の作品には、それだけ人を惹きつけてやまない強烈な魅力があるのです。そのルルフォ唯一の長編が本書。一読すれば、メキシコの荒涼とした風景の中へ、しかし絶対に踏み込んだことのない異世界へと誘われます。とにかく驚きが満載なうえに、さらに作品を貫く強靭なトーンが凄い。聞こえてくる「音」にも注目して下さい!

河内 卓/『北と南』編集・発行人

『北と南』という雑誌をやっています。地理や世界文学に関心がある方は興味を持っていただけるかもしれません。最新号の特集は「川」。よろしければ探してみてください! 一部書店での販売のほか、通販も受付中です。