パトラッシュじゃなくて、パトラシエです。『フランダースの犬』

『フランダースの犬』(ウィーダ・村岡 花子新潮文庫/400円 + 税

パトラッシュじゃなくて、パトラシエです。

誰もが知っているあの物語の原作です。そしてこの原作の内容は多分あなたが思い浮かべた内容とほとんど違わないと思います。それでも併録された短編も含めこの本を読むことで、思い出すことがあり、そして、気付かずにいたことをいくつか発見できるはずです。大人になって読むからこそ、知りえる魅力。それを体験するのは大人の特権です。知っているけれど、知らないネロとパトラシエの物語。それと、対になるかのように配置されたもう一つの物語。イギリスに生まれイタリアで生を終えた女流作家が産み出した宝物のような小品がここにあります。

糸日谷 智/スタジオポットSD・ポット出版

転職して今は毎日原宿まで通っています。